アルバム

11

年少、年中、年長さんんも、親子教室さんの部屋にお邪魔して、魔法をかけてもらって、小さくなったら、迷路を進んで、カボチャマンにタッチし来ました。

今年も、高知県の前川さんから「子どもたちに見せてあげて」と、葉付きの立派な生姜を、送っていただきました。 給食の時に出る、すりおろした生姜やお店に売ってる生姜は、見たことはあるけど、葉っぱがっついている生姜、大きな生姜は初めて目にする子どもたちも沢山です。匂ったり、持って重さを確かめたり、よくよく観察していました。 「さわやかで、シュワ!ってするにおいがするよ!」こんな表現をしてくれる子どももいました。 そして、葉付きのみかんも、みんなで見てください。と、園児が持ってきてくれました。思わず、食べてしまいそう!でした。

入園、進級おめでとうございます。新型コロナウイルス感染防止のため、時短・人数制限をし式を致しました。保護者の皆様には、ご協力頂き、有難うございました。

令和元年度親子教室卒室式を致しました。新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、保護者の方の出席人数の制限、時短にて行いましたが、修了証書を受け取る様子を見て、心身ともに大きく成長した姿を保護者の方に見て頂くことができ、子ども達も、毎日お弁当有り難うと、感謝の気持ちを伝えることができました。

卒園おめでとうございます。 今年は感染症防止のため、式の規模縮小、出席者制限をさせて頂きました。卒園間近、心配なことも多々ありましたが、胸を張り立派に修了証書を受け取る姿に、胸が熱くなり、無事67名の子どもたちを送ることができましたこと、大変嬉しく思っています。今年は、園庭で、子ども達からおうちの方へサプライズ。心の根っこの曲に合わせ、前もって用意していた手紙を心を込めて渡しました。 おうちの方も喜んで下さり、恥ずかしくも宇嬉しそうな子ども達でした。たちばな幼稚園では、先生やお友達と沢山素敵な思いで作り、大切なことを学びました。 その力を信じ、小学校に行っても頑張ってください。

今年も、勧進元の園児のおじい様のご厚意で、大相撲安芸場所に、年長さん、年中さんがご招待いただきました。 作っていただいた幼稚園の名前入りのうちわを振って大きな声で応援です。大きな力士さんの取り組みを見て、子供たちも大興奮!!今年は、隠岐の海関、琴奨菊関への質問コーナーもあり、園児代表が質問しました。子どもらしい可愛い質問に、お二人とも快く質問を返してくださいました。とても貴重な経験をさせて頂きました。お相撲ファンもますます増えますね。

現役時代は、土俵で豪快な塩巻きで有名だった、広島出身の北桜関、現在 式秀親方と、元天鎧鵬関、現在秀ノ山親方が、幼稚園に遊びに来て下さいました。お二人ともとてもお優しい方でした。そして式秀親方は、お話がお上手な方で子供たちも、楽しいトークに引き込まれていました。 子ども達は、体の大きなお二人に驚きの表情でしたが、握手をしてもらって嬉しそうでした。

給食で食べる玄米を、年長さんがといてくれます。一度目はさっと流すだけ、二回目からは玄米同士がこすれるようにと、先生から話を聞き、毎日交代でお当番さんがといてくれます。研ぎ終わった玄米は、給食の先生に渡します。

お友達が持ってきてくれたショウブの花を、匂ってみたり触ったりして観察しました。

アジサイの挿し木をしました。茎や葉っぱを切っているのを見て、子ども達は興味津々です。

ページ
トップ